「NEXT STEP 浸透する交流」  Sachiko M / Asian Sounds Research プロジェクトディレクター 

 

2015年1月18日~26日  マレーシア ペナン島 ジョージタウン

2015年1月26日~2月2日 シンガポール、タイ バンコク

Asian Sounds Research 2回目のリサーチツアーは行先は一回目と同じくマレーシア、ペナン島、ジョージタウン。

リサーチというよりは本格的な開催にむけてのミーティングが主な目的である。

 

今回 Asian Sounds Research プロジェクトとして考えたのが「OPEN GATE / 動き続ける展覧会 ~ An ever-changing exhibition」の開催。

 

このジョージタウンには多くのスペースが新たに作られていき、若い世代が生き生きと歴史ある建物をリノベーションし、ショップもカフェも宿泊施設も行けば行くほど増えていき、イベントも多く観光客も増えている。アーティストもいる。アートに興味のある人も多く、気軽なアートイベントにふらっと訪れる。そんなラフさの中にも今まで知らなかった事への興味も強く、ある種の勢いを感じられた。未知なるものへの「吸収力」とでも言おうか、、。おおらかさの中にある貪欲な嗅覚。この感覚を共にしたい、と感じた。

 

この体感を経て、ここで何かするのはどんな形がいいか?

場所は?人は?期間も内容も含め、会場となる HIn Bus Depot に集合し、4時間ほど打ち合わせをした。昨年10月の最初のリサーチにはなかった小洒落たカフェがオープンし目の前の大きなホテルは改築完成間近、たった3ヶ月で HIn Bus を取り巻く景色が変わっていた。

これだけでもこの街の持つ勢いを象徴している。

 

ペナン島らしい企画をするにはもってこいの会場である。この会場の魅力をフルに活用できるような内容がいいと思った。そして展覧会の内容も通常の展覧会のようにオープンさせたら作家はその場を去る形でなく、音楽家のようにずっとステージに居続けるような形にした。またグループ展示のようにエリアを固定しない、場所も共有する。私が音楽家なのでこんな発想になるのかもしれないが、そこには「浸透する交流」をとの願いを込めている。

作家同士はいやでも話合わなければならない、そこに共に存在するであろう他者の作品への理解も必要とする。自分の世界を作って終わり、ではない。即興音楽の共演のように音の流れる空気を共有し、重なり合ったり、譲り合ったりしながら長い長い音を奏でつづける。いや音楽家は話をしなくてもいい、演奏で、音で、ある種の会話は成立してしまう。だから今回の試みはそれらを超えた「交流」が必須となる。そんな課題を作った。課題を超える事によって交流は深く浸透していく。

 

参加する作家はいわゆる美術作家が多い。サウンドアーティストを無理やり探すよりも音に関するレスポンスの可能性を持つ美術作家、という方向にした。音を出せばサウンドアーティストというわけではない、流れている「音」に関心を持つ事、耳を傾けてくれる事、そちらの方が私には大切に思え、作品制作には無理にサウンドを意識しないでいい、と作家には言っている。ただイベントとして音楽家を多く招く事にした。展示されている空間を吸収し「共演」してくれるであろう、そしてその空間を感じ、生かす事の出来る音楽家を招待する事した。音楽でその場を支配するのではなく、あくまでも展示作品の一部のような役割での「演奏」をお願いする。音楽家にも課題を出している事になる。「共演」を超えた「共有」。「共有」もこの展覧会のキーワードである。

 

そんなアイディアを一気にこの滞在中でまとめていく。ただでさえ初対面に近いのに複雑なこの企画を説明するだけでもかなり大変で、しかも英語で伝えないといけないからさらに難儀である。でもそれをあえてすることで単なる作品提供のやりとりだけでない「話合い」の中で生まれる画期的なアイディアを出し合う方がよりお互いを理解できるのでは、と思ったからである。言葉の壁を超えながらジャンルも超えていく。つたない英語を話しながら。

このくらい丁寧な交流を行いたいと思っていた。そんな丁寧な事が出来るのもこの Asian Sounds Reserch プロジェクトの強みであると思う。おそらく今までの展覧会とも演奏会とも違う、ここの場所と人ならではのご当地限定企画。いくども同じ場所に通い、何度も話し、じんわりと浸透していく。

 

滞在中になるべく具体的に話をすすめるべく、会場になる HIn Bus での下見と打ち合わせを重ね、参加する作家の作品を見に行き、外からのペナン島の視点も、とフェリーに乗って本島に渡り、あとは各自展示作業で実際に必要になるであろう材料や道具や、とにかくできる限りの準備の為のリサーチを事細かに行いつつ、ペナン島、ジョージタウンを後にし、チーム一行はシンガポールへと向かった。

 

ENSEMBLES ASIA のもう一つのプロジェクトAsian Music Network のプロジェクトディレクター Yuen Chee Wai が主催するPLAYFREELY に私と米子匡司が演奏家として出演する為である。Chee Waiとその友人達主催によるこのフェスで、実は「OPEN GATE」につながる音楽家をここで一人見つけている。チーム丸ごと引き連れ、Asian Music NetworkとAsian Sounds Research とが交差する。同じ ENSEMBLES ASIA 傘下である、お互いのプロジェクトについて話をしたり、参加ミュージシャンとの交流も後々きっと繋がっていくだろう。ちなみにその後私はタイ、バンコクにも同じく演奏で行った。そしてここにも次なる可能性を見出していく。プロジェクトディレクターとしてと演奏家としての両方の角度からリサーチできるのはある意味ありがたい、すでにこのプロジェクトに関わってからは観る視点も音の聞き方、聴こえ方も変化してきている。

出会いの機会を作る事、人との出会い、作品との出会い、音との出会い、新たな可能性との出会い、今までとは違う何かを含ませながら少し戸惑いながらもひたむきに作り上げていく、そんな「場」作りをまずはしてみよう、おそらくペナン島の人々とはそれが可能なのではないか。そしてその「場」で起こった事をなるべく記録していこう。多くの角度から。旅してきた者とそれを迎え入れる者、そしてそこを訪れる者、全ての角度からの視点、聴覚、嗅覚、多角的な記録が次に繋がっていくのではないか。。一連のリサーチツアーを終えて思った事はこんな事である。それが6月開催の「OPEN GATE」の指針となる。

 

これは二回のリサーチを経てやっとたどり着けた感覚である。誰かに教えられた事ではなく、長いリサーチ期間を自分の感覚で歩く事により、現地の空気感と時間の流れと人々の勢いを肌で感じる事が出来た結果だと思っている。道は自分で歩かないと覚えない。気温も湿度も匂いも。

それを感じながら、じわじわと浸透していく、より深い交流を時間をかけながらも少しづつ表に出していこう、と。

 

NEXT STEP はそんな思いをはせる旅であった。すでにこの二歩目はかなり深く浸透し、もはや次の旅になる6月はステップではなく、自ら「門」を開けて人々を迎え入れる場にしていきたいと思っている。

 

以下、OPEN GATE に向けて書いた文章にて今回の報告を終えたいと思う。

————-

 

リサーチで訪れたジョージタウンは世界遺産指定を受けた古い建物が並ぶ趣ある街です。その建物の前には趣のある「門」が可愛らしく並んでいます。その門を人々は快く開き、私たちを招き入れ、話を聞かせてくれました。だから今度はこちらから「門」を開きたい、それもずっと開けっ放しで。そんな思いからこのタイトルをつけました。そしてこれからも旅を続けていくであろう Asian Sounds Research プロジェクト にとっても 「GATE」 は新たな場所にむかう為に必ず通過する場所でもあります。私たちの「門」は閉じるものでなく常に開いている、そして自ら開いていくものでありたい。

この「展覧会」という名を借りた「OPEN GATE」はみなさんのお力をお借りしながら、これからも続いてゆくであろう Asian Sounds Research プロジェクトの第一歩であります。「Res EAR rch」 ここにもまた「EAR」があります。

 

私たちの「門」はいつでも開いております。Our gate will always open...  ~「門という字、OPEN GATEについて」より抜粋

————

 

 

2015年5月4日 Asian Sounds Research プロジェクトディレクター Sachiko M

 

「NEXT STEP  -permeating interaction-」  Sachiko M / Asian Sounds Research  Project Director 

 

Jan 18th - 26th, 2015 George Town, Penang Island

Jan 26 - Feb 2nd, 2015 Singapore, Thai, Bangkok

The destination of the second Asian Sounds Research tour was the same as the first: Singapore, Malaysia and George Town, Penang Island.

The aim was to discuss about the actual event rather than to do research. 

 

I thought about holding “OPEN GATE / An ever-changing exhibition” as a project of Asian Sounds Research.

 

Many new spaces are being made in George Town. The younger generation is lively renovating historical buildings: shops, cafes and lodging facilities are increasing each time we visit. The amount of events and tourists are also increasing. There are also artists living here. Many people are interested in art, and they show up to see casual art events. Things seem a bit rough, but people are interested in things that they don’t know, and I feel some kind of energy in that. Maybe I should call this the “absorbing ability” that the people here show when they encounter things that they don’t know. There is an avid sense of smell within their generosity. I felt that I wanted to take part and share that sense.

 

After this experience, I tried to think about what would be the best thing to do here. 

How about the space? How about the people? We gathered at Hin Bus Depot, which will be the venue, and discussed for about four hours, about what we will do and how long we will do it. A small fancy cafe that wasn’t here last year during our first visit in October had opened, and the renovation of the hotel right in front of the venue is almost finished. The scenery surrounding Hin Bus has changed within merely three months. Even that symbolizes the energy of this town.

 

It is an ideal venue to hold a Penang Island like event. I thought that it would be nice to do an event that makes the best use of this venue. I planned the event to be held in a style that has the artists continue to stay at the venue, just like a musician stays on stage, rather then having them leave after the opening in the manner of an ordinary exhibition. I also didn’t fix individual areas like what would be done at a group exhibition, and had the artists share spaces. I might have came up with this idea because I’m a musician, but I wanted a permeating interaction to happen.

The artists have to talk with each other no matter if they like it or not, and they need to understand the work of the others who share the same space. Their work cannot be completed just by creating their own world. Like a joint performance of an improvisation, they must share the air that conveys the sound, and intersect or compromise with or for the others, and continue to play a long, long sound. Musicians actually don’t need to talk. Their performance, or sounds form a certain type of communication. Therefore, this experiment requires an interaction that goes beyond that. This was the assignment I gave to the participants. The interaction will permeate when they overcome this assignment.

 

A lot of the participating artists are fine artists. I decided to have fine artists that could possibly respond to sound participate, rather than forcing ourselves to find sound artists. I’m telling the artists that just because their work makes sound doesn’t make them sound artists, and that I want them to pay attention to the sounds that are there and listen because I think that is more important, and to not try to force themselves to do something with sound in their work. But I did decide to invite many musicians at the events. I decided to invite musicians that can absorb the exhibition space and play with it, and bring out the best of it. I will ask them not to control the place with music, but play as part of the exhibited work.

This means that I am giving an assignment to the musicians as well. It is more like “sharing” rather than “playing together”. “Sharing” is another keyword for this exhibition.

 

I am putting together these ideas during this stay. We know almost nothing about each other, and it is quite hard just trying to explain this complicated project, and doing it in English makes it even more difficult. However, I did it anyway because I thought that we could understand each other better by sharing epoch-making ides through “discussions” rather than simply just providing and exchanging our work. We are crossing genres while we overcome the language barrier. Although, the English we speak is quite shaky.

I wanted to interact in a way that is this much careful. One of the Asian Sounds Research’s strength is that we can take that much care when we do something. A limited event that can only be done at this place and by the people here, which will probably be different from the exhibitions and concerts that have been held in the past. We are going to the same place many times and are discussing over and over, and are slowly permeating.

 

We checked the venue and held discussions many times, and went to se the work of the participating artists so that we can develop the actual plans during our stay. We also got on a ferry and went to the main island to see Penang Island from outside. We tried to do a detailed research as much as possible about the materials and tools that we will need in order to do the work for the exhibition. After that, the team leaved George Town, Penang Island, and headed to Singapore.

 

This was because me and Tadashi Yonago had plans to perform at the event PLAYFREELY, which was held by Yuen Chee Wai, the project director of Asian Music Network. Asian Music Network is another project of ENSEMBLES ASIA. Actually, I found one of the musicians that will be connected to OPEN GATE at this festival that Chee Wai and his friends hosted. I brought along the whole team, so Asian Music Network and Asian Sounds Research gathered up. Both are part of ENSEMBLES ASIA, so We talked about each others project, and I’m sure that the interaction between the participating musicians will lead to something else in the future. By the way, I also went to perform in Bangkok, Thai after that. I will also try to find the next possibilities there. I’m lucky to be able to do research from the point of view of both the project director and a musician. The way I see things, hear sounds and how I listen has already been changing after I began to work on this project.

 

Making opportunities to meet; meeting people, meeting artwork, meeting sounds, meeting new possibilities. We are a little confused, but we are focusing on making a place that makes that happen, and are trying to include something that is different from what has been done before. I think that it’s possible if we do it with the people of Penang Island. We will also try to document what happens at this place. We will document it from many different angles. The point of view of the people that have traveled here, and the point of view of the people that have accepted those travelers, and the point of view of people that visit this place. I think that a multilateral documentary that collects the point of view and sense of hearing and smelling from every angle will lead to the next step. This is what I thought after finishing the first research tour. These thoughts will be our guide for OPEN GATE, which will be held in June.

 

This is a sense that I was able to reach after the two research trips. I think that we were able to achieve this result because we followed our own senses during this long research, and felt the atmosphere, the energy of the people and how the time flows there, rather than having someone tell us where to go. You have to walk through a road if you want to learn where it goes. The same goes for its temperature, humidity and smell as well.

Little by little I want to take time bringing out a deeper interaction, which slowly permeates while we feel that.

 

NEXT STEP was a visit that made me think about such things. This second step has already permeated quite deeply, and the next visit in June will no longer be a step; I want this place to have its “gate” open so we can welcome the people that come here.   

I would like to end the report with a note that I wrote for OPEN GATE.

 

————-

 

George Town is the place that we visited for research. It is a quaint city that has many old buildings, and has been designated a World Heritage Site. There are old fashioned “gates” that cutely line up in front of these buildings. People generously opened those gates, welcomed us in and spoke to us. Therefore, I want to open our “gate”, and keep it open. This is why we named the exhibition “OPEN GATE”. The “GATE” is a place that The Asian Sounds Research project, which will continue its journey, will have to pass through when it goes to a new place. Our “gate” isn’t something that should be closed, so we will always keep it open, and I want it to spontaneously open up.

Many people are helping “OPEN GATE”. It will be held under the name “exhibition”, and it will become the first step of the Asian Sounds Research project, which will continue to go on. There is an “EAR” in the word “Res EAR ch”.

 

Our “gate” is always open. ~ An extraction from “About OPEN GATE, and the character 門(gate)” 

————-

 

 

May 4th, 2015. Sachiko M / Asian Sounds Research Project Director

 

「引き続きすれちがいについて/ペナンのこと」​  米子匡司(音楽家)

 

2015年1月18日~25日 マレーシア ペナン島 ジョージタウン

 1月の話。2度目のペナン。

10月の、1度目の滞在から数ヶ月が経った。年が変わったし、冬だった。

2度目の滞在は、いくつかの点で1度目とは違っていた。まず僕たちには、多少の短期的な目的があった。

10月の滞在のあと、Sachikoさんとペナンで出会った人たちとの間でやりとりが続けられ、万象を繰り合わせた結果、ともかく6月あたりに何か、僕たちをハブにして人がすれ違うことのできる出来事を作ろう、ということまでは決まっていた。具体的に、その内容をもう少し考えることが一つの目的だった。さらにもう一つは、そこで僕たちとともにハブとなってくれる、ペナンの人たちを探すこと。

 

 日本が秋だろうと冬だろうと、マレーシアは基本的には何も変わっていないように思えた。四季が無くて、年中が温暖な国。

ただ、ジョージタウンとその周辺の街並みは、そこかしこで微妙に変化しているように思えた。具体的には、観光地としての周辺の開発がゆっくりと着実に進んでいて、人のすれ違う町として、どんどんと変化を続けていっているようだった。

 

 ペナン側で、特に中心的に僕たちと一緒に出来事を作ってくれることになったうちの一人、Hoo Fan Chonは、そういう街や人間の変化にセンシティブな人の一人だった。

 街や人間への興味を、簡単には表に出さずに奥深くにたたえている人。そして、小さな形から大きな形まで、必要な時に様々な形でそれを表出させられる人。そして、そのために必要なだけの技術をきちんと持っている人。自分で暮らすための環境を自分で作って、なんとか暮らして行こうとしている人。

 

 もうひとりの女性、Annabelle Ngはまた違ったタイプの人だ。彼女は、一度ジョージタウンにアトリエを持ったことがあるものの、いまでは橋を渡ってすぐの本土の住宅地に引っ越していた。彼女には、毎日のように人とすれ違う環境は時間の流れが合わなかったんだろうと思う、自分自身の中に深く入る必要のある人に思えた。彼女の家の近所の自然公園に案内してもらって、林の中を散策した。麓の茶屋で昼下がりを過ごす老人たちと彼女は顔なじみで、あの子は毎日のようにここに来てるよ、と言っていた。彼女は主にペイントをしていて、作業場には音を頼りにして書かれたという作品群が飾られてあった。

 

 日本からも、新しいメンバーとして水内くんが増えていた。彼だけ数日の滞在だったけれど、ともかく数日の間に僕たちはよく食べてよく飲んだ。屋台とか、タイガー社の大きな広告のあるビアガーデンのようなところとか、夜にホテルの屋上でとか。どこもかしこも屋外みたいなところだった。

 そういうジョージタウンの、特に古い建物にある、屋内と屋外のつながった感じがすごく好きだ。そんなに大雨は降らないから、雨風の対策がそれほどされていない、開けっぴろげな建物。

 

 1度目と2度目のあいだの11月のこと。そんな屋外や屋台の雰囲気を懐かしく思う気持ちもあって、僕の関わるある建物の、路地に面した屋外に、椅子とテーブルを置けるウッドデッキのスペースを作った。作ってはみたものの、日本ではいままさに冬がやってきているところで、どうひいき目に見ても屋外のスペースを作るのに適した季節とは言えなかった。

 年中温暖な街への憧れとともに、そのスペースはそのまま冬を越えて、いま僕はそこで文章を書いている。いま。5月のこと。いまはすごく気持ちが良い。

 

 年中温暖なはずのペナンのデパートに冬服が売ってあって。なんのために?と聞いた。一つには旅行用だということだった。確かに。そりゃそうか。聞くまでもなかった。

 と、あと、冬に憧れてるんだよ。とFan Chonが言った。

 帰りの飛行機で、到着地・大阪の気温は2度です、と機内アナウンスが流れると、乗客から口々におお、と驚嘆や落胆のような声が機内に漏れた。降り立つと、確かにそこは冬だった。

 

 いま、5月のこと。僕はもうすぐ3度目の旅行に出るための準備を進めている。

 滞在するだけではなくて、再訪することが決まっていて、滞在と滞在の間の時間が存在するこのプロジェクトでは、その間、ずっと向こうに何かを置いてきているような気持ちでいる。

 あんまりそれが過ぎるのもよくないな、とも思う。ともかく、すれ違う瞬間のために、自分の歩みをできるだけはっきりとしておく事こそが必要だとも。でも、確実にずっと気持ちの何%かはジョージタウンのあの空気を意識していて、それが僕にとってどういう意味を持っているのかということを、もう少しうまく伝えられると良いんだけど、いまのところは良い言葉が無い。

 

 何かを作りに行くんではなくって、何かを探しに行く。結果としてそこに軌跡が描かれる、という成り立ちの、この旅の1つ目の大きなステップとしての6月の《OPEN GATE》もまた、その成り立ちのコンセプトをそのままに実現するものになっている。

そこで描かれた軌跡が、またそこから何かにつながっている事を願っている。

 

「そこのにおい、味から」

水内義人 / コンテンポラリーアーティスト

 

2015年1月18日~20日 マレーシア ペナン島 ジョージタウン

1/18から3日間、ペナン島に同行させてもらいました。個人的に、ヨーロッパ、アメリカは行く機会はちょこちょこあるのだが、日本以外のアジアはすごい久しぶりで、着いてすぐ湿度の高いあのムオッとした空気感に興奮した。事前に調べてみたりはしたが、やっぱり「島」とつくところなので、のんびりしたイメージを勝手につくってたが、着いてみると、大きなビルもいっぱい建ってたり、観光スポットで世界遺産にもなってる古い市街地もあり、国外からも多くの人が来ている感じだった。前回のリサーチでSachikoさん達が先に繋がりのできた場所や人を案内、紹介してもらったり、個人の時間では歩いたり、自転車で町をまわってみた。紹介してもらった6月にある展示でお世話になる方々、展示場所になるHin Bus Depot、マレーシアから展示に参加する皆さんとも会え、ほんの2,3時間だったが、お互いのちょっとした雰囲気を交換する時間としては十分だったかもしれない。特に今回のような何人かで期間中、更新させていくものは、事前に会えたのと会えないのでは本番の感じもちょっと変わってくると思った。まずこの土地の人達が、普段どんな生活で、どんなルールがあって、笑いのツボはどのへんか等知りたく、日本との時差も1時間で、最近は朝4、5時起きの生活リズムだったので、その感じのまま、ペナンでも目が覚めてしまうので、連日早朝から外を歩いてみた。夜は屋台の賑やかな場所のあたりも、道端に座って新聞読んでたり、お茶飲んでたり、ゆったりした感じが流れていた。朝から日差しが強い中、毎朝8時くらいから開きだす同じ屋台で、歩き回って空腹のため、焼き飯、ラーメンをセットで食べてると、店のおばちゃんに朝から食べ過ぎ、普通は焼き飯、ラーメンどっちか一つと言われたりしながら、また集合時間のお昼くらいまでいろいろと歩いてみる。最初に思ったことは、多くの民族の人達が同じ場所で生活しているなということで、特に泊まっていたホテルあたりのジョージタウンは、マレー人、華人、インド人の人達が生活していて、それぞれの宗教施設もあり、民族性の入り混じった場所だった。海沿いには、海面にコンクリートや木で柱をいっぱい建てて、その上に住居を作って、水上生活している人達もいたりした。滞在3日目には、ぺナン島から出て見ようということになり、フェリーで本土へ。少し島の外へ出ただけだったが、外からみる島の感じはとても独特な場所だと思った。

3日間の滞在だったが、このプロジェクトのこと、ペナンで出会った人達、場所とのことを考えると、面白かったという何かを今回のみというより今後良い意味で脱線しはみ出てて進んでいくような関係や事ができたらと思い、6月の展示に向けて準備していこうと思った。

あと、お世話になったペナン発祥の麺「ホワイトカレーミー」の大ファンにもなった。

 

Asian Sounds Research 第一回報告会 @大阪PORT 

 

Asian Sounds Research 第一回報告会

2014年12月7日(日)

出演:米子匡司、水内義人、Sachiko M

企画:米子匡司

レポート: 畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 主任学芸員)

大阪市此花区梅香は、大阪の下町、近年はいわゆるギャラリーとは一線を画した、アーティストの運営によるオルタナティヴ・スペース、アーティスト・ラン・スペースが集まるなど、活況を呈している注目のエリアであるという。JR千鳥橋駅から歩いてすぐのアーケード商店街の中にある四貫島のPORTも、そのような場所のひとつであり、飲食店兼イヴェントスペース、共同アトリエ、住居を構える総合的な施設となっている。

そこで12 月7日に行なわれた「Sachiko M ディナーショー」と銘打たれたイヴェントは、アンサンブル・アジア、アジアン・サウンズ・リサーチの最初の活動として、10月に実施されたペナン島(マレーシア)でのリサーチの報告会を、マレーシア料理を食しながら行なうというものである。当日は定員の20名を超える観客が集まるほどの盛況な会となり、水内義人、米子匡司、Sachiko M(出演順)によるパフォーマンス、そしてgeco-ya食堂によるマレーシア料理(今回が初挑戦だったのだそう)をいただきながら、プロジェクト・ディレクターである、Sachiko Mと米子匡司が、樋口勇輝によるヴィデオ・ドキュメントを上映しながら報告を行なった。

 

はじめに、水内義人と米子匡司(彼はPORTの運営スタッフでもある)は、二人で同時に、しかし、個別に、スペース内の別々な場所でパフォーマンスを行なった。二人のパフォーマンスが同時進行している、ということは、ふたつの出来事が同時に起こっているが、二人の演者が場所と時間を共有しているという以外に、関係性が見出せないということである。もちろん、そこにある種の合奏のようなものを見出しても、それはかまわない。関係性の有無というのは、むしろ、ある前提となるもの、コードとなるものを頼りにしない、と言う意味において、まだ知らぬアジアの音楽、サウンド・アートを調査し、「これまでのアートや音楽の枠組みとは異なる独自の表現の相互交流」をめざすこのプロジェクトのテーマとも通じるものだろう。

水内も米子も既成の楽器に類するものは一切使用せず(米子は会場にあったアップライトピアノで一瞬音を出し、その音を録音したが)、改造したエレクトロニクスによって音を発生させる。米子は懐中電灯、エレクトロニクス、ICレコーダー、などを使用し、会場の片隅を小さなインスタレーションのように設えたりして(スピーカーもその一部となっている)、演奏というよりは、実験でもしているような佇まいで、ライトの光の波長がセンサーの役割をするようなシステムで間欠的なノイズを発した。水内は、体を動かす所作によってメモリーされた言葉が再生されるシステムのようだった。腕や脚を曲げたりすることで音が発される。時には粘土を握るアクションによって発される音が変化するなど、言葉の選択のされ方もふくめ、どこかコミカルな印象のパフォーマンスだった。

最後は、Sachiko Mによる、サインウェイヴ・ソロ。先の二人が自作の装置を使用したガジェット感覚のノイジーなものだったのに対して、こちらはシンプルなセットとミニマルなサウンド。それは、演奏中の凛とした彼女の姿勢とも通じた。しかし、性質の異なる両者の音、パフォーマンスは、このPORTという場の空気に非常によく溶け込んでいた。それは、Sachiko Mのいう「風通しの良さ」に通じるものかもしれない。

 

続いてのSachiko Mと米子による報告は、リサーチに訪れたペナン島各所のアート・スペースやライヴ・ハウスの、まさにファースト・コンタクトの様子を収めたドキュメンタリーを上映しながら、マレーシア料理をいただいた(チキンライスが美味)。

今回のリサーチは、まったくあてのないところから出発しているという。たとえば、マレーシアでも首都など都市部ではなく、ペナン島が選ばれているが、それは、藤本ゆかりによるレポートにもあるように「コンテンポラリーアートシーンの黎明期」という、未生のムーヴメントの発生する可能性を持った場所として、Sachiko Mが直感的に決定したのだそうだ。その映像にはまだ兆しは記録されていない、調査団が人づてにさまざまなスペースを訪れていく様子がつぎつぎに映し出されていく。はたして、彼らと共鳴するようなアーティストとの出会いはあるのだろうか。どこかロードムーヴィーを見ているような趣である。たしかにそれは、今後、このプロジェクトに関わるアーティストたちとのネットワーク形成と、その拠点となる場所を探して行く旅なのである。

ヴィデオにも映されていた、米子が行なった、夜の屋外の真っ暗な中でのパフォーマンスにも多くの観客が集まったという。現地の人々は、何が起こるのかという感じで、米子の一挙手一投足を見守っている感じだ(暗くてよく見えないのだが)。社会的背景に多くを負っている、この地の表現においては、たしかに米子の行為は無為に見えたことだろう。しかし、それこそが今回のプロジェクトを、社会的文化的前提なしのまったくのゼロからスタートさせる意味でもあるのだろうということがよく理解された。

 

 

Asian Sounds Research, the First Debriefing @Osaka PORT  

 

Performance: Tadashi Yonago, Yoshihito Mizuuchi, Sachiko M

Planning: Tadashi Yonago

Dec. 7, 2014

 

Reported by Minoru Hatanaka (Chief Curator, NTT InterCommunication Center (ICC))

Baika area in Konohana Ward, Osaka, has been the bright spot for artistic works. Situated in the downtown area of Osaka City, in recent years Baika has seen a surge in number of artist-run alternative spaces, which keep a distance from so-called galleries. Amongst them is Shikanjima PORT, located inside the shopping arcade just within few minutes’ walk from JR Chidori-bashi station, PORT combines dining and event space, shared studio, and residential spaces into a comprehensive facility.

 

Hosted at the PORT on 7th December was an event tilted "Sachiko M's Dinner Show”. The event marks the first activity of Asian Sounds Research, one of the projects of Ensembles Asia, conducted in Penang (Malaysia) in October. The event was intended to give a debrief session of the research with having the Malaysian food. The event was a success with a gathering far exceeding its estimated capacity of 20 audiences. After the performances by Yoshihito Mizuuchi, Tadashi Yonago and Sachiko M (in order of appearance), the Project Director Sachiko M and Tadashi Yonago gave a report with showing the video documented by Yuki Higuchi; while the audiences enjoyed the delicious Malaysian cuisine provided by geco-ya kitchen (whom has never cooked Malaysian food before).

 

Yoshihito Mizuuchi and Tadashi Yonago (who is also the operating staff of PORT) have kick-started the program, performed simultaneously but in the separate spots within the venue. Concurrent development of the two performances implies that two incidents occurring at the same time. However, no relevance can be found in these two performances instead of shared time and location. Nevertheless, the audiences are left to freely find some sort of ensemble there. In any sense the presence or absence of the relationship between such performances would rather abandon certain premise or a code, resonates with the theme of this project aiming to "interact with unique expressions distinct from the already existing framework of art and music” with the approach of researching the still vastly unknown Asian music and sound arts.

 

Neither Mizuuchi nor Yonago have used any conventional musical instruments (although Yonago recorded the sounds he momentary played by the upright piano placed in the venue). They both manipulated the sounds from modified electronics. Yonago applied flashlight, electronics, IC recorder and others to set up a simple installation at a corner of the venue, even the speaker became a part of it. It was more like an experimentation than a performance, the wavelength of light acted as censors system, creating intermittent noise. Mizuuchi, on the other hand, appeared to be some sort of system himself, revitalizing spoken words according to the movement of his body. The sounds were made when he turned his arms and legs. At times, the sounds altered from his action grasping clay. Combined with his choice of words, for some reason the performance took on a comical impression.

 

 

The closing was Sinewaves solo performance by Sachiko M. In contrary to the loud and noisy gadget feeling performances of the previous two performers playing their self-build devices, her performance was in minimal sounds using a simple kit. It harmonizes with her dignified composure throughout the performance. Despite the divergent nature of the two, the performances blended seamlessly into PORT's atmosphere, as if to testify "Openness" concept of the project spoken by Sachiko M.

Follow was a documentary report of the visits to various art spaces and live houses in Penang island, streamed by Sachiko M and Yonago. While watching this compilation of the first contacts made, the audiences enjoyed Malaysian food (with chicken rice receiving raving comments).

 

 

This particular research was completely experimental and started out from nothing to refer to. For example, the Penang island has chosen instead of the urban areas like the Capital of Malaysia, largely based on Sachiko M's intuition. The reason, as reported by Yukari Fujimoto, was the belief that Penang is the place with promising possibility of unexpected art movement, something Yukari Fujimoto called "The dawn of the contemporary art scene". As the streaming shows the research team visiting one after another venues, there is yet any sign of it. You cannot help wondering whether they will eventually cross path with artists who could share their minds. It felt like watching a road movie. It may certainly be a journey for all the artists going to be involved in this project to form a network, and a journey to search for the hub of the project.

 

The video also showed an outdoor performance by Yonago in pitch dark of the night. It attracted a multitude of local audiences. They, in anticipation of what to come, watched over his every movement (even though it was too dark to have a clear view). It might have appeared meaningless in the local expression and social background. However, you would come to understand that this in itself symbolizes the aim of this project - to start from the absolute zero, without the presumption of social and cultural values.

 

 

Minoru Hatanaka (Chief Curator, NTT InterCommunication Center (ICC))

Asian Sounds Researchは、国際交流基金アジアセンターとP3 art and environmentが2014年度から2017年度にかけて共催した音楽交流事業「アンサンブルズ・アジア」の一部門として実施しました。

Asian Sounds Research was conducted from the FY 2014 to 2017 as one of the projects of ENSEMBLES ASIA, a program on music exchange, organized by The 
Japan Foundation Asia Center and P3 art and environment.

Asian Sounds Research logo

 Asian Sounds Research official website 

 © Sachiko M / Asian Sounds Research / ear@soundsresearch.com